所長ごあいさつ

所長

お客様の笑顔が見える税務会計事務所・・・それが清野宏之税理士事務所の未来像です。

ご挨拶

誠実に仕事をさせていただくことは、お客様からのご信頼をいただく最善のアプローチであることを私どもは当たり前のことだと考えています。誠実に、誠意を持って誠実に仕事をしてまいりました父の地元での信用は、その結果得られた賜物に他なりません。

私の父が昭和46年にここ荒川沖に事務所を構えてすでに三十有余年の歳月を数えますが、その後を継ぎ、父と一緒に仕事をするようになった私は、まったくの自然体でお客様を大切にしながら仕事をしている父の姿を知れば知るほど、それは私の誇りとなり私の確固とした目標となりました。

今、あらゆる価値観の崩壊が指摘され、権威が否定され、哲学や理念が喪失したと嘆かれる時代にあって、新しい思想、新しい技術、新しい枠組みがいろいろな分野で模索されていますが、税務関係の世界も例外ではありません。

マーケットインに基づいたマネジメントサイクル(P-D-C-A)の徹底が「経営品質」を高める顧客重視・品質重視を実現するプロセスを生み出すとするなら、その結果はやはり「お客様の満足度」として現れて来るものではないか、と私どもは考えています。

お客様は何に満足されるのでしょうか。

それは、お客様の望むものを良心的な価格(料金)で品質のいいもの(支援)を提供させていただくことだと、言われています。

お客様が望むときに、迅速に、を、キーワードとして。そして、もし、それを現代的に「お客様指向」と呼ぶとするなら、私は私の父の仕事振りを通してまさに、そのことを肌で体験してきました。新しい時代の変革が訪れてもやはり、基本となるポリシーやコンセプトは変わらないのではないか、と私は考えています。

私は「お客様指向」をさらに一歩進めて「お客様の笑顔」を実現するために、新たな経営思想や経営ツールを用意させていただきながら、的確な情報の提供と経営に関わるさまざまなご相談をダイナミックに支援させていただけるよう清野宏之税理士事務所の体制作りとその実践に励みたいと考えております。

勿論、事務所で働いてくれる所員のスキルアップやモチベーションを図りながらの、お客様本位の支援体制づくりですので、所員の働く満足度の向上も大切なことになるのは言(げん)を待ちません。

税理士は税法の法律家です。

相当の注意義務をはらうために、以下のような経営資源を取り揃えています。

  1. 1, 税理士情報ネットワーク全国ユーザー会(TAINS)会員
    これは税法データベースで(有)日税連情報サービス全国ユーザー会が運営しています。このデータベースを利用して最新の判例と裁決を検索しています。
  2. 2, 第一法規(株)プラチナ会員
    これは各種税法のコンメンタールで税法の沿革から主旨をチェックできます。
  3. 3, その他利用書籍
    税理、税務通信、経営財務、税研・税務事例研究等々